美容皮膚科ってなに?

みなさんは、美容皮膚科とはどんなものなのかご存知でしょうか。名前は聞いたことがあるけど、実際はどんなものなのか知らないという方も少なくないかもしれません。そんな方に向けて、こちらでは美容皮膚科の概要についてご紹介しましょう。

一般的な皮膚科は、湿疹や傷、火傷、皮膚病といった皮膚に関するトラブルを治療することを主な領域としている診療科目です。それに対して美容皮膚科は、美しい肌を作ることを専門的な領域としている診療科目となります。肌の悩みや審美的なトラブル、コンプレックスを治療することが目的です。たとえば、皮膚科でニキビを治療する場合、ニキビが完治するところまでが担当範囲となりますが、美容皮膚科でニキビを治療する場合には、その後の肌のきめ細かさや透明感といった部分に関する改善も行うのです。さらに、美容皮膚科では脱毛の施術なども行われ、特に疾患は抱えていないながらより美しくなりたいと望む方も通うことになります。

また、皮膚科との大きな違いとして、保険の適用が挙げられます。一般的な皮膚科での治療は保険治療となりますが、美容皮膚科は基本的に自費治療となるのです。一部保険適用となる治療も存在しますが、多くの場合は自費となります。これは、美容皮膚科の治療範囲が主に審美的な部分にフォーカスされたものであるためだといえるでしょう。